示談金の一括払い、これならできます。

示談金は、示談成立時に一括払いするのが一番良いのですが、金額によってはなかなかすぐには払えない場合が多いと思います。

 

分割払いの例もありますが、一括払いのときと比べて示談の効果が弱くなりますし、支払いが遅れた場合には違約金の支払いが発生します。

 

ご存じでしょうか?自分名義のクレジットカードがあれば、ショッピング枠内で即時現金を手元に用意することができるのです。

 

これが 一番簡単に示談金を用意する方法 です。

 

もちろん合法なので堂々と現金を手にできます。それでは、この方法を解説していきますね。

 

お急ぎの方和光クレジット公式サイト

 

 

一番簡単に示談金を用意する方法

誰にも借金しないで

今すぐ示談金を用意して

一括で払ってしまいたい!

 

 

という方へ、クレジットカード現金化というシステムを簡単に説明したいと思います。

 

クレジットカード現金化とは

ショッピング枠を利用限度として「商品購入から買い取り」を一括して行ってくれるので、即時現金を受け取れるというサービスです。

 

購入した商品の発送は行われないので、自宅に商品が届いて家族にばれるという心配もありません。

 

カード会社への支払いは、分割払いやリボ払いを選択できます。消費者金融や闇金への返済に比べて非常に楽ですし、余裕をもってストレスなく支払いができます。

 

利用の流れ

1 申し込む

公式サイトの「お申込みフォームはこちら」というオレンジ色のボタンから申し込みます。

 

2 決済手続き

ネットショップで買い物して、クレジットカードで決済します。

 

3 振込まれる

買い物終了後、最短5分で指定口座に現金が振り込まれます。

 

4 示談金を払う

現金が用意できたら、一刻も早く示談金を支払います。

 

公式サイトでは24時間受付中です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

クレジットカード現金化優良店和光クレジット

 

 

損害賠償請求と示談

損害賠償請求のための文書を作成して内容証明付き郵便で送ります。これが損害賠償の交渉が始まります。

 

これだけで損害賠償請求が済むわけではありませんし、このような文章作成が嫌であれば、示談交渉をすることになります。

 

示談交渉

示談交渉とは、書面ではなく口頭で話し合うことです。相手が交渉に応じてくれるのであれば、それが一番早い解決方法です。

 

損害賠償請求では、できるだけ多くのお金を取ってやろうと言う意識が出る人がほとんどかもしれません。示談交渉においても同じでしょう。

 

しかし、損害賠償請求で金額を釣り上げると得だというわけではありません。相場というものがありますから、問題を長引かせて気持ちが落ち着かないことになるでしょう。

 

示談のプロ

実際には保険会社が間に入ることが多いので、示談交渉は当事者同士が直接行うことは稀でしょう。法律上は、示談交渉を行えるのは弁護士と認定司法書士だけです。

 

示談交渉ではきちんと整理しておかないと、後で「言った、言わない」のトラブルとなります。

 

お金の話になると冷静さを失う人は多いものですが、せっかくスムーズに進めようとしても逆効果になってしまいます。落ち着いてプロに任せましょう。

 

損害賠償責任とは

何らかの形で被害を被った人には損害賠償請求権が生じ、相手には損害賠償責任が生じます。損害賠償請求を行う時には相手の損害賠償責任の範囲を明確にしておくことが大切です。

 

故意と過失

相手に責任がないことまで請求することはできません。責任を考えることは、故意か、過失かを考えることです。加害者の心理状態を考えるのです。

 

故意とは、結果の発生を予想していながら行為を行ったことです。過失とは、結果の発生を予想していたけれども不注意のために行為に至ってしまったことです。

 

簡単に言えば、故意とは「わざと」、過失は「不注意」です。故意であれば賠償責任は重くなり、過失であれば程度が争点となります。

 

交通事故の場合

交通事故の場合、加害者のみに過失があるわけではなく、被害者側にも一定の過失があるケースが多いです。

 

被害者側にも過失があると認められたケースでは、損害賠償額は減額されるのが一般的です。

 

「被害者が注意していれば避けられた損害である」と認識されるケースでは、加害者の過失を認めないこともあります。

 

世の中の考え方の傾向としては、責任範囲が拡大する方向にあります。より被害者を救済しようということでしょう。

 

損害賠償請求と後遺症

交通事故で傷害を受けた時の損害賠償請求で問題となるのは後遺症です。

 

後遺症

後遺症とは、傷の治療が終わっても、その後の生活に支障が出るような障害が残るものです。

 

後遺症は損害賠償請求の範囲内です。自動車事故の自賠責保険では、傷害と後遺症では別の保障と考えられます。

 

示談交渉の際も、後遺症は傷害とは分けて考えるものなのです。

 

むち打ち症

失明や手足の切断など、誰が見ても障害の程度がわかるようケースでは、損害賠償額の算定は比較的簡単です。しかし自覚症状しかないような場合には、どう判断するかが難しいところです。

 

代表的な後遺症として、むち打ち症があります。むち打ち症は被害者の自己申告だけが頼りとなり、病院での検査は意味がありません。

 

過去の例では一般の負傷よりもむち打ちの方が長期に渡るため、逸失利益は大きく算定されています。

 

病気回復の意欲がないために治療が長引いたこと場合には、過失相殺の判決例もあります。

 

障害等級

後遺障害は医師の診断で障害等級の認定を受け、その等級に応じて賠償額が変わります。

 

医師に対して自分の症状を正確に話すなら等級が不当に軽くなるのを防げますが、嘘をついて等級が重くなるように誘導してはいけません。

 

もしも認定された等級に対して不服がある場合は、異議申し立てができます。最終的には専門知識を持つ弁護士が調停することになります。